ネイティブイングリッシュ 公式サイト案内 口コミと効果 レビュー

ネイティブイングリッシュ教材を実際に購入しました。

 

ネイティブイングリッシュはリスニングとスピーキングを同時に習得できる教材です。
(当サイトでは実際にネイティブイングリッシュを購入して手にしているので販売ページでは分からないリアルな感想や使用感などを公開していきます。)

 

 

 

≪公式サイト≫【ネイティブイングリッシュ】詳細はコチラをクリック♪

 

 

実際に使用して、ネイティブイングリッシュの良かったポイントです!

 

独自に開発されたカリキュラムでネイティブイングリッシュを実践できる

 

ネイティブイングリッシュは自分のスケジュールで学習できて良い

 

自分で好きに選べる6つのプランがネイティブイングリッシュでは用意されているので継続しやすい

 

ネイティブイングリッシュは英語が苦手な方でもレベルに合わせて英会話を学習できる。

 

スピーキングとリスニングを同時に学習できる教材内容になっている

 

音声CDとテキストを使い学習するので理解度が深まり分かりやすい内容である

 

実際に会話で使われているフレーズを学習できて英会話を基礎から学べる

 

 

 

ネイティブイングリッシュの内容レビュー

 

 

ネイティブイングリッシュはスピーキング力とリスニング力を同時に習得して、

 

カタカナ英語ではない、実践で使える本物の英会話を身に付ける英会話教材となっています。

 

 

よくある一般的な教材では、CDを聞き流すだけで話せるというものがありますが、

 

それではリスニング力は養えるますが、その反面スピーキング力の話す力というのは

 

同時には鍛えられないのです。

 

 

その様な弱点を克服してスピーキング力とリスニング力を同時に習得できる様に

 

開発された英会話教材が

 

新発売したネイティブイングリッシュなのです。

 

 

このネイティブイングリッシュでは、リスニング音声だけでなく、

 

脳科学的なアプローチが組み込まれたスピーキング音声を聞くことによって、

 

スピーキング力も同時に鍛えることが出来るのです。

 

 

日本の英語教育では主に中学校と高校の授業だけで英語勉強を行いますが、

 

その授業だけで満足に英語で会話ができるという人は

 

ごく限られた小数の方々だといわれています。

 

 

学校の授業として行われる英語勉強の多くは、考える力を養うものとして使われるので

 

高校はともかく中学校の英語というのは英語の会話力とは少し離れてしまいます。

 

 

また、学校教育で教わる英語の文法や英単語だけを覚えたとしても

 

実際にネイティブが話す英会話を聞き取るヒアリング力やネイティブに通じる

 

スピーキング力が伴わないと実際に使える英会話として通用しません。

 

 

ネイティブイングリッシュでは、教科書で学んだようなネイティブが

 

今もう日常では使わない英語フレーズではなく、

 

現在でも実際に使われているフレーズを厳選されているので実用性が非常に高いのです。

 

 

本格的にネイティブに通じる日常英会話から英字新聞や、

 

ビジネスシーンで役立つビジネス英語まで

 

幅広く学べる実践型の英会話教材となっています。

 

こちらのページでは他の英語教材とどう違うのか回答してあります。

 

ネイティブイングリッシュは他の英語教材とどう違うのですか?

 

ネイティブイングリッシュのテキストをレビュー

 

ネイティブイングリッシュでは、教材を購入すると付属の音声CDと合わせて

 

テキストが付属してきます。

 

こちらがネイティブイングリッシュのテキストの画像になります。

 

ネイティブイングリッシュのテキスト

 

ネイティブイングリッシュのテキストの厚さ

 

テキストのサイズは下記となります。

 

縦サイズは約18.2cm、横サイズは約12.8cm、厚さ約1.1cmです。

 

 

ネイティブイングリッシュのテキストは、持ち運びやすいサイズなので、

 

ハンドバッグやビジネスバッグなどでも入れる事ができるので、

 

サイズ感が丁度良く持ち運びに良いサイズです。

 

 

通勤や通学、休憩時間やちょっとした合間でも勉強できるように

 

ネイティブイングリッシュのテキストは考えて作成されているので、

 

わりとコンパクトな作りですが、内容はぎっしりと詰め込まれています。

 

 

こちらはネイティブイングリッシュのテキストの一部の画像です。

 

ネイティブイングリッシュのテキストその3

 

この画像ではテキストのDay16を掲載しておりますが、

 

英会話のフレーズや使い方など、ぎっしりと解説されています。

 

 

しかも、ネイティブ達が現在使っている

 

リアルなフレーズを使用して英会話が解説されているので、

 

他の英会話教材には無い、

 

ネイティブイングリッシュならでは独自のテキストになっています。

 

 

また、所々にコラムが用意されていて、

 

英語初心者の方や日本人が躓きやすい英語フレーズの解説をしてくれています。

 

 

こちらでは、ネイティブイングリッシュのテキストに掲載されている

 

コラムでは「willとbe going toの違い」の解説や、

 

「I dont know」の発音や言い方での相手への伝わり方の違いなどについて、

 

とてもわかりやす解説されています。

 

 

ネイティブイングリッシュの音声CDを聴きながら、付属されているテキストを合わせて

 

英会話を学習する事によって、より深く理解を深めて学習する事ができるので、

 

実際にネイティブに通じる英会話を身に付けられるように工夫して作成されています。

 

 

ネイティブイングリッシュは話すと聞くを同時にマスターできる教材内容

 

ネイティブイングリッシュでは、教材を実践する方の

 

リスニング効果スピーキング効果を考えて教材を作成しているます。

 

 

その為、今までの英会話教材では実現できなかった、

 

「話すスピーキング」「聞くリスニング」を同時にマスターできる教材内容です。

 

 

その結果、同じ時間で英語勉強した場合を比べると、

 

英語の学習効果が従来の2倍になったというデータがあります。

 

 

 

ネイティブイングリッシュはリスニング音声の精度をアップさせて、

 

さらに効果を高めるために教材独自となる「2段階のスピードを開発」しています。

 

 

そのネイティブイングリッシュ独自となる2段階のスピードは

 

「ナチュラルスピード」「高速スピード」となっていて、

 

この2段階のスピードによって、さらにリスニング音声の精度をアップさせています。

 

 

また、今までの教材にはなかった業界初となる

 

ネイティブイングリッシュ独自の「瞬間スピーキング」を新しく開発しました。

 

 

この瞬間スピーキングは、教材を実践する方の

 

スピーキングの効果をアップさせ、より効果を得るために開発されています。

 

 

フレーズ音声の瞬間スピーキングは、ネイティブイングリッシュならではの

 

独自のメソッドになるので、英語習得に役立つ教材になっています。

 

 

公式サイトで詳細をチェック
【公式サイト】 ネイティブイングリッシュ

 

こちらのページでは新しくスピーキング音声の追加についてまとめてあります。

 

新しくスピーキング音声を追加しているについて

 

教材に収録されている音声CDのサンプル動画

 

ネイティブイングリッシュの音声サンプルを動画にて視聴する事ができます。

 

 

こちらの動画では、ネイティブイングリッシュの音声CDに収録されている

 

ニュアンス解説の vol.01のサンプル音声やDay1で解説される基本のあいさつと返答を

 

動画で視聴できるので、ネイティブイングリッシュを購入する前に

 

教材の雰囲気を掴むことができると思います。

 

 

このネイティブイングリッシュのサンプル動画でもわかる通り、

 

教材を実践する方が聞き取りやすい音声と英会話習得に必要な会話内容を

 

身に付ける事ができる内容なので、ネイティブに通じる英会話を

 

学習するのに役立つ教材内容になっています。

 

 

ネイティブイングリッシュの特徴はここにある

 

ネイティブイングリッシュでは独自開発の、「2段階のスピード音声」

 

ネイティブの英語がスローモーションに聞こえる様に工夫して作成されているのが特徴です。

 

この音声教材ではスローモーションが収録されているのではなく、

 

通常の約1.5倍速の音声が収録されています。

 

 

その為、通常より早いスピードのネイティブの英語を聞いた後では

 

通常の音声はスローモーションのように聞こえて、

 

しっかりと英会話を聞き取れるようになっています。

 

 

また、ネイティブイングリッシュのスピーキング用の音声では

 

通常のスピードの後に約0.75倍速のスロースピードも収録されています。

 

 

ゆっくりなスピードでどんな発音で何ていうフレーズなのか、

 

英語で話している意味をしっかりと理解しながらレッスンする事ができます。

 

 

これはノーマルのスピードで実際のスピードについていくことが自然と出来る

 

ネイティブイングリッシュならではの独自のノウハウです。

 

 

聞く時も話す時も、ネイティブの英語がスローモーションに感じることが出来るので

 

非常に英会話を習得しやすい仕組みとして作成されているのも特徴です。

 

 

しかも音声CDに収録されている内容は「実際に使われている英語フレーズを収録」しています。

 

今の外国人やネイティブ達が実際には使わないような、

 

覚えていても無駄になるような、英語フレーズの数々は音声CDに収録していません。

 

 

まさに今の時代ネイティブの人々が使っている英語が収録されているので、

 

海外に行っても実際に使える英会話として利用することが出来るのが

 

ネイティブイングリッシュの大きな特徴となります。

 

向いている人と向いていない人

 

向いている人

 

○ネイティブスピーカーに実際に通じる英会話を習得したい人

 

○英会話スクールに通わずに自分で勉強したい人

 

○自分のスケジュールに合わせて学習したい人

 

○リスニングとスピーキングを身に付けたい人

 

○今現在使われているフレーズで勉強したい人

 

○メールサポートを利用しながら英語学習したい人

 

○付属の音声CDとテキストの両方を使って勉強したい人

 

○初心者から上級レベルまでの英語力を身に付けたい人

 

向いていない人

 

○聞き流しだけで英会話を学びたい人

 

○用意されている学習プランを無視して勉強する人

 

○カリキュラムを無視して自己流で進める人

 

英会話を身に付けるの多聴と精聴はポイントになる

 

ネイティブイングリッシュは音声CDを「多聴」「精聴」するのがポイントになります。

 

この精聴とは、音声CDを数多く聴き、そして会話の全体像を掴み

 

会話の流れや構成を把握して聴いていきます。

 

 

 

付属の音声CDを多聴する場合、ネイティブイングリッシュの

 

「Listening CD」「ナチュラルスピード英語CD」を使用して実践して行きます。

 

 

続いて、多聴は多くの英語を聴くという意味があり、

 

英語を身に付けて自分のものにしていく為に、理解度を深めて行く効果があります。

 

 

この時、ネイティブイングリッシュの「Speaking CD」を使用していきます。

 

 

ネイティブイングリッシュに付属している音声CDは、

 

通勤、通学やスポーツをしている時、または平日や休日という感じで

 

「Listening CD」と「Speaking CD」を使い分けて勉強すると効果が上がります。

 

 

例えば、通勤や通学の場合、朝に電車やバスなどで通う場合、

 

空いている時間にListening CDを聴きます。

 

そして、夕方に帰る時には、Speaking CDを聴きます。

 

 

朝の空いている時間に聴いた英語を、帰りの時間を利用して

 

復習しながら英語を身に付けていく感じです。

 

 

そうする事によって、時間も有効的に使う事ができて、

 

ネイティブイングリッシュを使って効果的に英語を習得できるポイントになります。

 

 

ネイティブイングリッシュの音声CDをより効果的に聴くには

 

ネイティブイングリッシュは「好きな時に」、

 

「好きな場所で学習できる」英語学習教材なので、

 

自分の好きな場所で好きなタイミングで英会話の勉強をする事ができます。

 

 

ネイティブイングリッシュの音声CDは、

 

ネイティブが会話しているのをリアルに感じてイメージしやすい様に

 

収録されている音声CDは男女2人による会話が収録されています。

 

 

その為、形式的なネイティブの会話ではなく、

 

実際に使える外国人やネイティブの会話がスムーズに頭に入ってきます。

 

 

また、ネイティブイングリッシュの音声CDを効果的に聴くには

 

付属の音声CDを多聴と精聴する事が基本となります。

 

 

まずは音声CDをしっかりと聴いて、会話されている英語を把握して内容を理解していきます。

 

次に、ネイティブの発音を理解する為に、Listening CDでリスニングした内容を

 

それぞれ低速スピードとナチュラルスピードで再確認していきます。

 

 

またシャドーイングする事によって、実際の会話をスピーキングするスキルが身に付きます。

 

シャドーイングする場合には、声を出しても良いですし、頭の中でも良いです。

 

 

そして、音声CDを聴きながらネイティブが使うニュアンスを理解して、

 

英語特有のニュアンスや会話で使われる微妙なニュアンスを学んでいきます。

 

このニュアンスを学ぶ事によって、英語の表現の幅を広げていきます。

 

 

次に、音声CDを聴いて学んだリスニングの仕上げをして行き、

 

ディクテーションを実践していきます。

 

 

このディクテーションは、リスニングして聞き取った音声や英文を書き取るという

 

シンプルな練習方法です。

 

 

ディクテーションを使って練習すると、

 

「リスニング」「ライティング」「スピーキング」「リーディング」

 

「語彙力」「文法力」などの

 

スキルをアップさせる事ができる勉強方法です。

 

 

このようにネイティブイングリッシュの音声CDを聴いて行くと

 

英語力を効果的に身に付けられるのでおすすめです。

 

こちらのページでは英会話に大切なニュアンスを学べるについてまとめてあります。

 

英会話に大切なニュアンスを学べるについて

 

ネイティブイングリッシュは自分に合ったプランで実践できる

 

ネイティブイングリッシュには、教材を実践する方のライフスタイルに合わせて、

 

実践する方に合わせた6つの学習プランが用意されています。

 

 

これは英会話を学習する方の目的に応じて少しでも効率的に英会話を習得して

 

身に付ける為に考えられたものとなります。

 

 

この6つのプランでは、英会話をじっくりと学びたい人から、

 

早く確実に身につけたい人にまで対応したプランがそれぞれ用意されています。

 

 

これらのネイティブイングリッシュが用意している

 

それぞれのプランを1つずつ説明して行きたいと思います。

 

 

1つ目のプランはネイティブイングリッシュ製作者おすすめコース(168日)

 

まずネイティブイングリッシュの1つ目のプランが

 

「製作者おすすめコース(168日)」となります。

 

 

こちらのプランでは、リスニングCDの会話とフレーズ2日分を1日で進めていき、

 

そして次の日にスピーキングCDで、リスニングCDで学習した内容を復習していきます。

 

 

一日おきにレッスンを繰り返すことで着実にリスニング力と、

 

スピーキング力とともに身に付けるプラン設定となっています。

 

 

英会話を学習していくスピードも無理のないペースとなっているので、

 

日常生活をしていてもあまり負担を感じないでレッスンして学べるプラン設計です。

 

 

2つ目のプランはネイティブイングリッシュ標準コース(96日)

 

続いて、ネイティブイングリッシュの2つ目のプランは

 

「標準コース(96日)」となります。

 

 

こちらのプランでは、1日で2日分の会話とフレーズを

 

リスニングCDとスピーキングCDでレッスンして学習していきます。

 

 

ネイティブイングリッシュの教材内容を8日間で半月分の学習が完了して、

 

約3ヶ月で全教材の学習をコンプリートする事が出来るよう設定されているプランです。

 

 

標準的なスピードで英会話を学習していくので、

 

普通のペースで学びたい方にはおすすめのコースだと思います。

 

 

3つ目のプランはネイティブイングリッシュお急ぎコース(72日)

 

続いて、ネイティブイングリッシュの3つ目のプランは

 

「お急ぎコース(72日)」となります。

 

 

こちらのプランでは、6日間で半月分の学習を完了させて、

 

1日目には1から6までのリスニングを学び、2日目には1から6までのスピーキングを学び、

 

3日目に7のリスニングとスピーキングと言った感じで進められていきます。

 

 

標準コースより24日ほど学習する期間が短くなっているので、

 

少しハイスピードで英会話を習得したい方に適したコース設計になっています。

 

 

4つ目のプランはネイティブイングリッシュマイペースコース(180日)

 

続いて、ネイティブイングリッシュの4つ目のプランは

 

「マイペースコース(180日)」となります。

 

 

ネイティブイングリッシュの教材内容を15日間で1クール(半月分)の学習を終了させて、

 

それを12クール分行っていくコースとなっています。

 

 

つまり約6ヶ月の180日分で教材をマイペースに学んで、

 

じっくりとレッスンを続けたいという方におすすめのプランとなっています。

 

 

比較的に時間が取れて、英会話の習熟度をマイペースで良いので

 

スキルを高めて学びたい方に適したコース内容です。

 

 

5つ目のプランはネイティブイングリッシュ最短コース(24日)

 

続いて、ネイティブイングリッシュの5つ目のプログラムは

 

「最短コース(24日)」となっています。

 

 

4日間で1ヶ月分を全て学習するというかなりのスピードコースです。

 

 

こちらのプランでは24日間でネイティブイングリッシュ全教材を学習して、

 

セットを繰り返すことでしっかりと英会話力を身に付けていきます。

 

 

例えば、会社で急に海外赴任が決まってしまったという方や、

 

急ぎ英会話を喋れるようにならなきゃいけなくなった方におすすめのプランとなっています。

 

 

6つ目のプランはネイティブイングリッシュじっくりコース(324日)

 

そして、最後に紹介するネイティブイングリッシュの6つ目のプランは

 

「じっくりコース(324日)」です。

 

 

こちらのプランでは、毎日1日分ずつじっくりと聞いたり学習して行くコースとなっています。

 

 

1日目に1のリスニング、2日目に1のスピーキングを、3日目に2のリスニングを、

 

4日目に2のスピーキングなど等、と言った具合で日々着実に喋れるようにしていくものです。

 

 

かなりじっくりしたペースで英会話をレッスンして学習して行くので、

 

自分が納得するまで教材を学習して英会話を習得したい方にはとても良いコースだと思います。

 

 

この様にネイティブイングリッシュでは、英会話を実践する方々に合わせた

 

それぞれ6つのプログラムを用意しているので、

 

自分に合わせたプログラムを選んでネイティブに通じる

 

英会話を学べるので非常にわかりやすい教材となっています。

 

 

ネイティブイングリッシュと英会話スクールの違い

 

英会話教材のネイティブイングリッシュ英会話スクールの違いについて

 

ここでは解説して行きたいと思います。

 

 

まず、ネイティブイングリッシュは自宅で学べる利点があります。

 

そして、この教材の特徴でもある学習プランが自分で選べるのも利点としてあります。

 

 

通常の英会話スクールだと時間割が決まっていて、

 

英会話スクールに通う必要も出てくるし、決められている時間割によっては

 

自分の都合と合わない場合なども出てきます。

 

 

これは、ネイティブイングリッシュと英会話スクールの大きな違いの1つだと思います。

 

 

続いての違いを挙げるとすると、「費用」の違いが出てきます。

 

ネイティブイングリッシュは買い切りタイプの英会話教材になっています。

 

 

その為、最初に1度ネイティブイングリッシュの教材を購入すれば、

 

追加費用なども特に掛からずに学習を続けることができます。

 

 

英会話スクールの場合だと、「月謝」が発生したり授業毎に料金が発声する場合があります。

 

また、入学金が発生する英会話スクールもあります。

 

 

しかも授業を受けられなくてキャンセルする場合には、キャンセル料が発生する

 

英会話スクールもあるので、十分にコスト面を確認する必要があります。

 

これもネイティブイングリッシュと英会話スクールの違いとして挙げられます。

 

 

続いての違いを挙げるとすると

 

ネイティブイングリッシュと英会話スクールとではサポート面が違ってきます。

 

このネイティブイングリッシュは、購入後にバイリンガルによるメールサポートが

 

約2年間に渡って長期的に無料で受ける事ができます。

 

 

英会話スクールの場合だと、授業以外にサポートを受ける場合には、

 

補習授業で追加で料金を支払って受講する場合がほとんどです。

 

 

しかも、約2年簡に渡って無料でサポートしてくれる

 

英会話スクールはほとんど皆無なので、ネイティブに通じる英会話を身に付けるまで

 

長期的にサポートを希望する場合にはネイティブイングリッシュに利点があります。

 

 

 

これもネイティブイングリッシュと英会話スクールの違いとして挙げられます。

 

 

学習するスタイルの自由度や、コスト面やサポート面など、

 

ネイティブイングリッシュと英会話スクールの違いを比べると色々と出てきます。

 

 

外国人講師と毎回会って英会話の授業を行いたい場合には、

 

英会話スクールの方が利点があると思いますし、コスト面や授業時間などを気にせずに

 

学習できる場合には英会話スクールが向いている方もいると思います。

 

 

ネイティブイングリッシュは、自分で学習プランを選んで学んでいく教材になりますが、

 

自分の空いている時間で勉強したい場合や、コストを抑えて勉強したい場合、

 

長期的なサポートを用いて英会話を学習したい場合などに向いている教材だと思います。

 

 

このネイティブイングリッシュは1度買いきりタイプの英会話学習教材なので、

 

ランニングコストを気にせずにネイティブに通じる日常英会話を学べる内容です。

 

 

ネイティブイングリッシュの良かったところ、悪かったところ

 

こちらの章ではネイティブイングリッシュの良かったところ悪かったところ

 

くわしく解説していきます。

 

 

 

ネイティブイングリッシュの良かったところ

 

○自分の学習スタイルによって学び方をプランで選べる

 

○音声CDとテキストで学べるので理解しやすい

 

○教材が手元に届くので繰り返し何度でも勉強できる

 

○ネイティブイングリッシュは1度購入すれば費用が掛からない

 

○長期的なメールサポートが2年間付属するので良い

 

○現在ネイティブが使っている生のフレーズを勉強できる

 

○実際に使わない不要なフレーズを学ばないので効率的に学習できる

 

○初心者から英会話を学べる内容なのでわかりやすい

 

○ビジネスシーンで使用頻度の高い英会話を身に付けられる

 

○ニュアンスも学べるので英会話の習熟度が上がる

 

○海外に行った時に必要になる英会話をほぼ全て学べる

 

ネイティブイングリッシュの悪かったところ

 

○最初に教材を購入するのに教材代金がかかる

 

○内容がしっかり詰め込まれているので理解しながら勉強する必要がある

 

○英会話を身に付けるのに勉強する必要がある

 

 

日常英会話を習得するための効果的な勉強法

 

ネイティブイングリッシュは、「音声CD」「テキストマニュアル」を用いて

 

英会話学習をして行く教材ですが基本的な勉強方法と進め方があります。

 

 

まず、1つめのとして「Listening CD」を最初からしっかりと聴いて内容を把握して

 

英語を自分自身の中で受け止めていきます。

 

 

続いて、2つめとして「Speaking CD」では、Listening CDで聴いた内容を用意されている

 

ナチュラルスピードと低速スピードで再度確認して行くことで

 

ネイティブの発音をしっかりと理解して勉強を進めていきます。

 

 

続いて、3つめとして「ニュアンス解説」で、ネイティブ達が実際に会話で使用する

 

微妙なニュアンスの違いを理解して知り、表現の使い方や幅を広げていきます。

 

 

続いて、4つめとして「ナチュラルスピード(英語)」で、英語リスニングの仕上げを行い、

 

そしてディクテーションを実践していきます。

 

 

続いて、5つめとして「テキスト」を使い勉強して行き、

 

英文を理解して、フレーズの解説を読んで、

 

しっかりと理解を深めて身に付けて勉強していきます。

 

 

これはネイティブイングリッシュのテキストでも解説されていますが、

 

英会話を習得する上で学習するネイティブイングリッシュの効果的な勉強法となります。

 

 

また、ネイティブイングリッシュでは、とにかくたくさん英語を聴く「多聴」

 

ゆっくりと落ち着いて英語を聴く「精聴」の両方を

 

一緒に実践することを勉強法としておすすめしています。

 

 

多聴とは、沢山の英語を聴いて、会話の構成や流れを理解して掴みます。

 

ネイティブイングリッシュでは

 

「Listening CD」と「ナチュラルスピードCD」を使用して勉強を実践します。

 

 

精聴とは、復習も兼ねて理解を深めて行き、英語を自分のスキルにして行きます。

 

ネイティブイングリッシュでは「Speaking CD」を使用して勉強を実践します。

 

 

こちらのネイティブイングリッシュのテキスト画像を掲載するので、

 

参考までに見てもらえるとわかると思いますが、

 

ネイティブイングリッシュのテキスト

 

通勤や通学、スポーツ時、平日や休日など、それぞれのライフスタイルに合わせて

 

多聴と精聴を実践してListeningとSpeakingを繰り返し勉強することで、

 

ネイティブイングリッシュを効果的に使い勉強する事ができます。

 

 

付属テキストのスケジュール表記入例

 

こちらでは、ネイティブイングリッシュのテキストの一部を画像にて紹介します。

 

下記の画像は、ネイティブイングリッシュのテキストで解説されている

 

「スケジュール表の記入例」になります。

 

ネイティブイングリッシュのスケジュール表の表記例

 

このスケジュール表では、「学習開始日」「学習終了日」

 

Listening CDやSpeaking CDを聴き終わったら印を付ける「チェック欄」

 

自分の目標を書く「目標欄」が用意されています。

 

 

ネイティブイングリッシュのスケジュール表は、

 

Part1〜Part6まで用意されていて、それぞれこのスケジュール表を記入する事で、

 

自分の英会話の習熟度や勉強するスピードなどを管理する事ができます。

 

 

ネイティブイングリッシュのスケジュール表

 

Part1(WEEK1〜4・Day1〜28)では、「あいさつ・自己紹介」のスケジュール管理と記入

 

Part2(WEEK5〜8・Day29〜56)では、「日常会話」のスケジュール管理と記入

 

Part3(WEEK9〜12・Day57〜84)では、「ホテル・飲食店」のスケジュール管理と記入

 

Part4(WEEK13〜16・Day85〜112)では、「乗り物」のスケジュール管理と記入

 

Part5(WEEK17〜20・Day113〜140)では、「観光」のスケジュール管理と記入

 

Part6(WEEK21〜24・Day141〜168)では、「トラブル」のスケジュール管理と記入

 

 

この様にネイティブイングリッシュでは、スケジュールを細かく刻み管理することで

 

1日あたりが短い時間でも短期集中して勉強を行い

 

効率良く英会話学習を実践できる仕組みになっています。

 

 

また、ネイティブイングリッシュで英会話を勉強する良さの1つでもあるのですが、

 

自分が先に学習したいPart(パート)から勉強をはじめる事もできるので、

 

学習したい内容を自分自身で選んで、英会話を勉強できるのでとても良いです。

 

 

ネイティブイングリッシュの体験談と口コミ

 

英会話をネイティブイングリッシュで学ぶ利点を挙げるとすると

 

付属の音声CDで勉強できる点が挙げらると思います。

 

 

その理由として、自分の空いている時間や隙間時間で実践できるからです。

 

 

どうしても仕事やプライベートが忙しいと勉強する時間が限られていて、

 

英語を勉強しようと考えても、まとまった時間が取れません。

 

 

しかし、ネイティブイングリッシュの様に音声CDで学べる教材だと

 

何かしながら「ながら勉強も出来る教材」なので、

 

日々の時間も有効的に使えて英会話の勉強をする事もできます。

 

 

また、ネイティブイングリッシュは購入後でもサポートが付くので安心できます。

 

 

このサポートもバイリンガルの方が実際に回答してサポートしてくれるので、

 

的確なアドバイスはもちろんですが、普段英語を勉強していての疑問点なども

 

すぐにサポートを活用する事で解消する事ができる点が良いです。

 

 

この教材で勉強して行くと

 

スピーキングとリスニングを同時に身に付けられるので、

 

ネイティブにしっかりと通じる英語力が身に付けられます。

 

 

ネイティブイングリッシュで学習プランを立てて勉強を進めていけば、

 

英語をマスターできるゴールが設定できるのでモチベーションを維持したまま学習できます。

 

こちらのページではよくある質問Q&Aについてまとめてあります。

 

ネイティブイングリッシュQ&A記事一覧について

 

ネイティブイングリッシュのメリットとデメリット

 

ネイティブイングリッシュのメリット

 

○教材独自の2段階スピードの音声CDが用意されている

 

○自由に選べる6つのプランから選択して実践できる

 

○多聴と精聴を実践して英会話を学習できる

 

○ネイティブに通じる日常英会話を身に付けられる

 

○ディクテーションを使って練習できる

 

○鮮度の高いフレッシュなフレーズで勉強できる

 

○買い切りタイプなので月謝がかからずコスパが良い

 

○初心者から英会話を学習できるカリキュラム

 

○返金保障制度があるのでいざと言う時には良い

 

ネイティブイングリッシュのデメリット

 

○最初に教材を購入する必要がある

 

○自分で音声CDとテキストを使い勉強する必要がある

 

○英会話を習得する為にカリキュラムに沿って勉強する必要がある

 

本音で語るネイティブイングリッシュの評価と総評

 

ネイティブイングリッシュは古い単語フレーズは学ばないで、

 

今現在、ネイティブ達が実際に使用する単語を学べる教材というのが

 

大きく評価できる内容です。

 

 

 

古い単語フレーズや実際には使用しない英単語を数多く学んでも

 

その単語を使えるシーンがなければ、無駄な英語の勉強時間になってしまうからです。

 

 

しかも、ネイティブイングリッシュは自分で選べる学習プランが用意されているので、

 

自宅で学習できる教材でありながら、

 

英会話スクール感覚で学べる点も評価できます。

 

 

この用意されている学習プランによってスケジュールが組まれるので、

 

自分でネイティブイングリッシュを使い学習する時間割を作成できるので良いです。

 

 

どうしても自宅学習となると、時間にルーズになってしまいがちですが、

 

ネイティブイングリッシュの様に学習プランが用意されていると学習効率がアップします。

 

 

実際に使える厳選した英単語を絞って学び、用意されている6つの学習プランで

 

しっかりと英語を習得する学習計画を立てられるので教材としての総合的な評価も高いです。

 

 

計画的に勉強すればネイティブに通じる英語力をマスターできるので

 

このネイティブイングリッシュを購入する価値は十分にあります。

 

 

購入前にチェックする60日間の全額返金保障制度の確認事項について

 

ネイティブイングリッシュには、60日間の全額返金保障制度が付いてきます。

 

こちらがネイティブイングリッシュを販売している

 

公式サイトに掲載されている画像です。

 

 

 

この60日間の全額返金保障制度を利用するには

 

いくつかの条件があるので、購入する前に確認しておいた方が良いです。

 

 

では、その確認事項について解説していきます。

 

ネイティブイングリッシュの60日間の全額返金保障制度を利用するには

 

○ご注文日より60日以内に返金希望メールを送る必要がある

 

○その後、販売者より返金についての連絡が来るので確認する

 

○販売者より連絡が来たら、2週間以内にネイティブイングリッシュの教材全てを返品する

 

○販売者が返品した教材を確認したら、7日以内に銀行振込みにて返金されます

 

○教材の返送料金は購入者の負担になります。

 

○教材を開封した後でも返品が可能です。

 

 

これらがネイティブイングリッシュの

 

60日間の全額返金保障制度を利用する場合に必要となる確認事項なので

 

購入する前にチェックしておいた方が良いです。

 

 

ネイティブイングリッシュを販売している

 

運営会社は、株式会社インフォファクトリーですが、

 

メールでの返信や受け答えなど、とても親切で丁寧な会社なので信頼をおけます。

 

こちらのページでは返金保障とメールサポートについてまとめてあります。

 

購入後に利用できるネイティブイングリッシュの返金保障とメールサポートについて

 

バイリンガルによる個別メールサポートの良さ

 

英会話学習教材のネイティブイングリッシュでは、

 

教材を購入した方に長期的な2年間に渡って個別メールサポートが付属してきます。

 

しかもバイリンガルによるメールサポートなので、

 

疑問点やわからない事などを専門的な立場から具体的にアドバイスしてサポートしてくれます。

 

 

質問に対する回答もバイリンガルならではの理解しやすい回答なので良いです。

 

こちらではサポートメールの内容を抜粋して紹介します。

 

 

 

 

上記のように日本人では比較的迷いやすい

 

「買う」という単語であるbuy、get、の2種類の使い分けの質問

 

発音やヒアリングの悩みなどでも気軽にメールサポートを利用する事ができます。

 

 

英会話を学習していると、ちょっとしたニュアンスの表現方法のやり方や

 

状況別のフレーズの使い分けなど、バイリンガルの講師陣に質問したい事が

 

次から次へと出てくると思います。

 

 

その様な場合であっても、ネイティブイングリッシュでは約2年間に渡って

 

個別メールサポートが完備しているので、長期間サポートを受けられます。

 

 

英会話を学習していて、わからない事があると次に進めない場合もありますが、

 

ネイティブイングリッシュのように、すぐに疑問点を解決できると

 

英会話を身に付けられるスピードもアップするので良いサポート体制です。

 

 

 

≪公式サイト≫【ネイティブイングリッシュ】詳細はコチラをクリック♪


TOP よくある質問Q&A 返金保障について 公式サイト